ゆるおたノート

Tomorrow is another day.

【雑記】人が怖いのに何故かイベントの運営を買って出て思ったこと

年末に「2019年内に何かイベントしたいな~」とぼんやり呟いて(過去記事)から約4か月。
あっという間に2回もイベントの運営者をやってしまいました。

ドラマーの癖に、ソロが回ってくると頭が真っ白になって音楽を止めるくらい、笑えないほど目立つのが苦手なのに、自分から発案してしまったのは何故だろう。

実測値が欲しくて、自転車も持っているのにわざわざ歩いて貸し会議室を回り…
興奮と緊張で大して眠れずボケボケのまま自己紹介をして失笑を買い…
恐らくそのまま帰るつもりだった方々を強引に引き留めて日本酒を飲み比べ(おいしい)…

「手を挙げてしまったからには」と、これまで出会ったテキパキ動いてくれる人々を想像して、ポンコツなりに頭を使いました。
でも、やっぱり分からないことが多すぎて。

きっと、関係者の皆様にはイライラと不安をお届けしてしまっていると思います…
余計なことして申し訳ありません…

・・・

あぁ、こりゃ私には向いてないわ。
人を助けるのが好きだなんて、ずいぶん驕ってるな。

帰り道は後悔が頭を埋め尽くして、上り坂が辛い。
心なしか、右手のPCも行きより重い気がする。

・・・

とか残念なポエムを本当に坂を上りながら脳内でこしらえつつ、振り返ってみると…

やりたいと言ったら「やっちゃいましょう!」と即返ってきた。
準備の時から「こういう時は〇〇があるとイイね!」と助け船をいただいた。
終わると「楽しかった!」「参加して良かった!」「またやって下さい!」って声を掛けて下さる方も居た。

あぁ、これかぁ。こういうことかー。嬉しいなー。
社交辞令だとしても、私じゃなくてフォーマットへの言葉でも。単純だー。

人より出来ないことが多いのって、実は長所なのかもしれないですね。
ちょっとしたことで喜べるし。

でも本当は、この楽しさが広まってくれたらもっと嬉しいです。
自己満足で終わるんじゃなくて、1回限りでサヨナラじゃなくて、ノンプロ研が広まってほしい。
教えてもらうだけじゃなくて、みんなで学ぶ会。
皆オトナだから、マイペースでも知らないことだらけでも怒られないよ。

そして、私じゃなくて有能な方が仕切ってくれたら完璧!
だれか居ませんかー!
ていうか、個人的にリアルに継続が厳しい状況でして…

いつか、後ろの方でこっそり「ほらね、楽しいでしょ?」とかあたかも自分が育てたかのようにドヤ顔する古参おじさんに、私はなりたい。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

昨夜途中まで書いた記事です。
眠気と闘いつつだったので案の定いつも以上に気持ち悪いけど、このまま上げちゃいますw

真面目な振り返りは、後ほど別途記事にしたいと思います!

連載目次

  1. 【雑記】人が怖いのに何故かイベントの運営を買って出て思ったこと - ゆるオタクのすすめ(※本記事)
  2. 【備忘録】初めてイベント運営してみて出来たこと・出来なかったこと - 事前準備編 - ゆるオタクのすすめ
  3. 【備忘録】初めてイベント運営してみて出来たこと・出来なかったこと - 当日・後日編 - ゆるオタクのすすめ
  4. 【備忘録】初めてのLTで出来たこと・出来なかったこと - ゆるオタクのすすめ