ゆるおたノート

Tomorrow is another day.

【PC設定】NumLockとInsertを消してみる - 解凍ソフト「LhaPlus」の準備編

テンキー付きのキーボードで文章を書いていると、数字を入力しようとしたタイミングでいつの間にか手を触れているNumLock

Deleteしようとしたら挿入モードが始まるInsert

どちらも私のタイピング精度が低いのが悪いですが、どのキーボードでも絶妙な位置に置いてあるもので、数年我慢しててもなかなか改善出来ませんでした…

みなさんもそういう事ありますか…?

「どうしたもんかなー」と思って調べてみたところ、下記の記事を発見したのです。

freelifetech.com

常駐型ソフトはPCのパフォーマンス的に少し心配なので、まずは「Change Key」というフリーソフトで試してみました*1

備忘録として、その手順を何回かに分けて記しておきたいと思います。

操作の流れ

  1. 解凍ソフトを準備する
  2. 「Change Key」をインストールする
  3. キーバインドを設定する
  4. 設定を保存して実行する

本記事では、1.を扱います。
解凍ソフトをお持ちの場合は、今回は飛ばしてください。

解凍ソフトを準備する

LhaPlusをダウンロード

Change Keyは「LZH」というファイル形式で配布されています。
詳細は割愛しますが、いわゆる圧縮ファイルの種類の1つで、「ZIPファイルの仲間」です。

こちらを使用するには「解凍」が必要なので、対応したソフトが端末に無い場合はダウンロードして導入しましょう。

今回は、こちらの「LhaPlus」というソフトを使います*2

forest.watch.impress.co.jp

ZIPファイルも少し扱いやすくなりますので、「ついで」のつもりで入れちゃってください。

LhaPlusをインストール

ダウンロードできたら、LhaPlusをインストールしていきます。

「lpls174.exe」を開く

規約に目を通して[次へ]

商用利用は許可を得てからにしてネ、業務上の目的で社内で頒布するのはOKですよ、などなど…

インストール先の指定

特にこだわりがなければ、このまま[次へ]を押して下さい。

[インストール]する

これもそのまま[インストール]でOKです。

セットアップの完了

[完了]を押してください。

再起動で反映させる

再起動を促されたら[はい]で再起動します。
作業中のファイル等があったら、一旦保存の上で行ってくださいね。

初期設定を行う

再起動後、LhaPlusの初期設定画面が自動で開きます。
こちらも、特にこだわりがなければそのまま[OK]で問題ないでしょう。

あらかじめPC初心者向けの設定になっているとのことです。
ありがたや…

LhaPlusの設定

ここで一旦閉じてしまうLhaPlusですが、今後も使いやすいように、引き続き設定を変えておきます。

解像度をソフトにあわせる

解像度が高めのPCをお使いの場合は、ソフトを起動すると画面の文字が滲んだようにぼやけてしまうことがあります。

「変更後」の方が、文字がハッキリ表示されているのがお分かりいただけるでしょうか…?

以下の手順で、このようにディスプレイの表示を今回のソフト「LhaPlus」に合わせる設定を行います。

※LhaPlusに限らず、文字がぼやける時は、該当のアプリケーションでぜひ1度以下の手順を行ってみてください*3

LhaPlusのアイコン

まずは、デスクトップで以下のアイコンを探してください。

「プロパティ」を開く

アイコン上で右クリックして、LhaPlusの「プロパティ」を開きます。

[互換性]タブを開く

プロパティ画面の上の方で、「互換性」をクリック。

[高DPI設定の変更]を選択

そのまま下の方に言って、[高DPI設定の変更]をクリック。

「高DPIスケール設定の上書き」を行う

ここで、下記1.~3.の順に解像度に対応させる設定を行います。

  1. 「高いDPIスケールの動作を上書きします。」にチェックを入れる
  2. 拡大縮小の実行元は「アプリケーション」を選択
  3. [OK]で確定

[適用]する

[適用]をクリックして、表示設定を反映します。

これでディスプレイ表示の設定はOKです。

作成するファイルの保存先を変更

つづいて、圧縮ファイルを解凍した場合の保存先を変更します。

初期設定のままだとデスクトップにアイコンが増え続ける原因になりかねないので、対策しておきましょう。

LhaPlusのアイコン

再びデスクトップから以下のアイコンを探します。
見つかったら、今度は開いてください。

解凍先の指定

アーカイブファイルと同じフォルダ」か「解凍時に指定する」のどちらかを選択しましょう。

(必要なら)圧縮ファイルの保存先も変更

ZIPファイル等の圧縮ファイルを作成することが多い方は、同じように保存先を変更しておくと良いでしょう*4

後記

お疲れ様です。
これで、解凍ソフトの準備が整いましたね。

昔は「ふりーむ!」というサイトで解凍ソフトにかなりお世話になった覚えがあるのですが、大人になってからは久しく触っていませんでした。
おかげで使い方も半分くらい忘れてました。笑

最近はSteamとかSwitchとかの高機能ゲームも流行っていますが、ここまで整うと無料ゲームもまたやってみたくなりますね。
ゲームも体力が要るので、最後までやり切れるかは厳しいですが…

さて、次回は「Change Key」をインストールして実際にキーバインドを変更してみようと思います。
たぶんこちらの調整の方が時間かかるかと思いますが、時間を作ってゆっくり試してみて下さい。

乞うご期待。

注釈

*1: レジストリの変更というのも、なかなか怖いのですけどね…

*2:ラプラス」と読みます。初代ポケモン世代には違う意味に聞こえますね…笑

*3: 今回のように、ソフトによっては多少レイアウトが崩れることもあります。そこはトレードオフということでご了承ください…

*4: LZH形式は非推奨なので、ZIP形式など他の拡張子で保存することをおすすめします!