ゆるおたノート

Tomorrow is another day.

【Git勉強中】操作に慣れてきたので、流れを整理してみました。

Gitって難しいですね。
最初はマウスでポチポチしていましたが、スニペットツール*1を駆使してコマンドを使う方がもうちょっと早く出来るかなと思い、ただいま練習中です。

少し操作に慣れてきたので、流れを整理してみました。

「はて、そもそもGitとは?」な方は、こちらをオススメします!

基本の流れ

【1】ローカルリポジトリを作成する

手順
  1. バージョン管理をしたいディレクトリ(=フォルダ)に移動する
  2. ディレクトリをGitに登録する
  3. (必要に応じて).gitignoreファイルや.gitignore_globalファイルを作成・編集しておく

【2】作業スペースを準備する

  1. ローカルリポジトリにあるブランチ(=作業場所)を確認する
  2. (目的のブランチがない場合)ブランチを新規作成する*2
  3. ブランチを切り替える
  4. (念のため)現在のブランチを確認する

【3】コミットするファイルをまとめる

  1. ファイルを編集する
  2. ステージングする

【4】編集履歴を記録する

  1. ここまでの編集履歴を確認する
  2. 内容に問題がなければ、コミット(=編集履歴を保存)する
  3. ローカルリポジトリmasterブランチ(=メインの作業場所)に移動する
  4. 編集履歴をマージ(=ここまでのデータを統合)して反映させる

【5】リモートリポジトリを作成する

  1. GitHub(もしくはBitBucket)でリポジトリを作成する
  2. ローカルリポジトリと接続する

【6】履歴をリモートリポジトリに反映する

  1. これまでのコミットを確認する
  2. リモートリポジトリにプッシュする
  3. 【2】と【4】を繰り返し

【7】(masterブランチ以外にpushしている場合)

  1. コミット履歴に問題がなければ、リモートリポジトリでもmasterブランチにマージする

ちなみに…

補足

リポジトリの作成順

リモートリポジトリは、先に作成しても大丈夫です。

ただし、どちらを先に作るかによって、それぞれ接続のコマンドが変わります。
覚えるのがちょっとめんどくさいですね…

おすすめ記事

各コマンドや用語の解説は、下記2社のページがとても分かりやすかったです。

ブランチの使い方

ローカルリポジトリで編集するときにブランチを切るのは、事故防止のため「原則master以外のブランチで作業しよう」というGitの基本方針だそうです。

最近までそれを知らなくて、masterブランチで作業していました(キケン!)。

詳しくは、下記記事の「ブランチとは」~「リモート追跡ブランチとは」あたりが参考になりました。
https://qiita.com/kyoyyy/items/161b6905f45bee2efe21

<2020/08/26追記>
その後、当該記事にはアクセスできなくなってしまったようです。。。残念。。。

疑問

ナントカ認証

ローカルリポジトリとリモートリポジトリの接続には、3種類の認証方法があります。

  1. OAuth認証
  2. https認証
  3. SSH認証

GitHubOAuth認証を推奨しているようですが、SSH認証の方が安全という記事もあって…
どれが安全なんだろうな…?(詳しい方、ぜひ教えて下さい🙏)

このシリーズについて

Gitのコマンドについて、少しずつ記事にまとめています。

誤り、分かりづらい等ありましたら、ぜひコメント欄Twitterお問い合わせフォーム等でご教示ください!

次回

連載目次

  1. 当記事【Git勉強中】操作に慣れてきたので、流れを整理してみました。 - ゆるおたノート
  2. 【Git勉強中】ブランチの移動を使い分けたい - ゆるおたノート
  3. 【Git勉強中】ステージに上げたり下げたり。 - ゆるおたノート
  4. 【Git勉強中】ステージした変更を記録する - ゆるおたノート
  5. 【Git勉強中】あっ!そのコミット訂正させてください! - ゆるおたノート
  6. 【Git勉強中】自分のコミット履歴を提出する - ゆるおたノート
  7. 【Git勉強中】リポジトリの作成と接続 - ゆるおたノート

注釈

*1:最近PhraseExpressを入れてみました。

*2:ブランチの作成を「ブランチを切る」と呼ぶみたいです。かっこいい。